INFORMATION

Ivy to Fraudulent Game

Ivy to Fraudulent Game

Ivy to Fraudulent Game

2010年10月に群馬県にて結成された、4人組ロックバンド。

バンドの世界観を司り、主に作詞・作曲・アレンジをも手がける福島(Dr/Cho)が紡ぎ出す楽曲、その世界観をさらに鮮烈なものとし、ライブパフォーマンスから生み出される寺口(Vo/Gt)の圧倒的な求心力は多くのファンを魅了する。

2017年12月、ビクターエンタテインメントのレーベル“Getting Better”より1st Album“回転する”をリリース。

2018年7月には自身初となるZepp DiverCity(TOKYO)でのワンマンライブを成功に収める。その後、1stシングル“Parallel”をリリース。

2019年7月24日には日本テレビほかTVアニメ「トライナイツ」エンディングテーマ、3rdシングル「模様」をリリース。同年9月4日には2nd Album『完全が無い』をリリース。11月から始まった全国ワンマンツアー”One Complete”は2月1日のZepp Tokyoまで大成功に収めた。

2021年4月23日には3rd Album 『再生する』をリリース。

同年9月1日よりmurffin discsへ移籍。それに伴いmini muff recordsとタッグを組み自身のブランド”from ovum”を立ち上げる。移籍後、配信シングル“Day to Day”をfrom ovumよりリリース。配信シングル“オートクチュール”を2022年1月19日リリース予定。

※バンド名の由来は
【Ivy】植物の蔦の意で、生命力が強く、広範囲に伸び成長して行く蔦のように音楽やバンドもなっていけるように…。
【Fraudulent Game】イカサマ的な意で、良い意味で期待を裏切っていきたい… という願いが込められ付けられている。

APP DOWNLOAD

チケットをお持ちの方は公式アプリ(無料)をダウンロードして
本人確認登録をお願いいたします。